• BTOパソコン比較.net

漫画・イラスト制作に必要なパーツ・スペックとは?


漫画やイラストを制作するツールとして、パソコンを選ぶ人が増えています。

これはパソコンを使った作業ではやり直しや修正が非常に容易である点や、完成した作品を納付、配信しやすいといったメリットがあるためです。

通常市販されていれるパソコンにもイラストを描くためのペイントソフトなどは付属していますが、本格的な作品を制作したいというのであれば様々なパーツや機器を追加してカスタマイズすることをおすすめします。


まずパソコン内部のパーツで重視したいのが、メモリの容量です。

パソコンでイラストソフトを使って漫画などを描く場合、レイヤーと呼ばれる機能を多く使うことになります。

レイヤーはイラストの層を一枚ずつ持ったデータであるため、描いている作品のサイズが大きいほど大きなデータ量を扱うことになります。

この時に大容量のメモリを搭載しておくことでデータ管理が効率良く行えるようになり、、快適な作業を行えるようになります。

メモリの価格や他のパーツに比べると割安なので、購入費用が少ない場合はまずはメモリの増設から考えると効率的です。


CPUに関してはできれば高性能のものを選ぶのが望ましいのですが、標準的なものでも構いません。

作業において高速なCPUがあると助かるシーンは、イラストソフトでフィルターを多用するような場合に限られるからです。

通常の作業においては大容量メモリの恩恵を受けるほうが多いため、悩んだ場合にはメモリを増設するプランを選びましょう。


グラフィックカードに関しては標準的なもので十分です。

しかしイラスト制作においては、ディスプレイを2台用意して作業しやすい環境を構築する人も増えています。

そうした環境を目指すのであれば、ビデオメモリに余裕があるグラフィックカードを選ぶと、後に2画面を使って作業したくなった時に柔軟に対応できます。


漫画やイラスト制作をパソコンで行うのであれば、ディスプレイに購入費用を割くことも重要です。

安価なディスプレイを選んでしまうと、正確な色味が確認できず、仕上がりがイメージと異なったものになってしまうからです。

色再現性の高い品質に優れたディスプレイを選ぶようにし、視野角の広さも確認しておくと失敗を防げます。

ディスプレイの表面が光沢タイプであると作業がしづらいことも多いので、非光沢タイプを選んでおくほうが無難です。

この点でも、ノートパソコンを選ぶのは注意が必要です。

ノートパソコンのディスプレイは、色再現性が乏しいことが多いからです。

購入にあたっては、実機を自分の目で確認してからにしてください。


ここまでは2Dのイラストを制作することを前提としてきましたが、もし3DCGを制作するのであればCPU、メモリ共にハイスペックが要求されます。

最近では2Dのイラストに3Dのオブジェクトを挿入して作品を描くことも多いので、作品の幅を広げたいのであれば一段階上のハイスペック機を選んでおくと便利です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 漫画・イラスト制作に必要なパーツ・スペックとは?

    漫画やイラストを制作するツールとして、パソコンを選ぶ人が増えています。 これはパソコンを使った作業ではやり直しや修正が非常に容易である点や、完成した作品を納付、配信しやすいといったメリットがあるためです。 通常市販されていれ...


  • 動画編集に必要なパーツ・スペックとは?

    動画編集用にパソコンをカスタマイズするのであれば、各パーツには高性能のものが要求されます。 動画を編集する作業はパソコンに大きな負荷をかけます。 そのためスペックの低いパソコンでは処理が終わるのに時間がかかったり、場合によっ...


  • DVD・BD鑑賞に必要なパーツ・スペックとは?

    パソコンをDVDやBDソフトの観賞用に使いたい場合には、基本的なパソコン構成に加えて専用の機能を持つパーツが必要になります。 まずDVDもBDも見たいというのであれば、ブルーレイドライブを選択します。 製品名にブルーレイとあ...


  • テレビ鑑賞・録画に必要なパーツ・スペックとは?

    テレビを視聴するにあたっては液晶テレビなどを使うのが一般的ですが、パソコンを使うことでも視聴できます。 またパソコンでは受像した映像を録画することもできるので、DVDレコーダーの替わりにもなってくれます。 パソコンでテレビ鑑...