• BTOパソコン比較.net

HDDとは?初心者にもわかる優しい解説


パソコンで使うデータやソフトウェアを保管しておく場所が、HDDです。

ハードディスクドライブと呼ばれるこのパーツは、磁気を帯びさせた回転盤にデータを記録します。

必要な時にHDDからデータが読み込まれ、作業を終えるとまたHDDに保存されます。


現在は非常に大容量のHDDが発売されていますが、パソコンの使い方によっては無駄にしてしまうこともあるので、用途に合わせて容量を選ぶようにします。

インターネット閲覧などの基本的な作業にしか使わないのであれば、500GB程度の容量を持つHDDで十分です。

価格も安く、入手しやすくなっています。

一方で動画を大量に保存したいというのであれば、1~2TBといった大容量のHDDを選んでください。

一眼レフデジタルカメラを使ってかなりの枚数を撮影する方や、地デジ放送の録画にパソコンを使用している方などは、こうした大容量のHDDを搭載しておくと容量不足で困ることがありません。


HDDはデータの保管先として機能していますが、その寿命は限られています。

品質によっては購入後一年もしないうちに壊れてしまうこともあるので、できるだけ信頼出来るメーカー製のものを選ぶようにします。

またHDDの寿命は一般に3~5年程度と言われているので、重要なデータに関しては定期的にバックアップを取るようにし、HDD自体も壊れる前に交換しておくと安全です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • グラフィックボードとは?初心者にもわかる優しい解説

    グラフィックボードとは、パソコンの内部に取り付けることでディスプレイに映像を表示してくれる機能を持つパーツのことを言います。 データの処理などは、CPUやメモリを使って行われます。 その処理結果を私たちが目で確認するために必...


  • HDDとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンで使うデータやソフトウェアを保管しておく場所が、HDDです。 ハードディスクドライブと呼ばれるこのパーツは、磁気を帯びさせた回転盤にデータを記録します。 必要な時にHDDからデータが読み込まれ、作業を終えるとまたHD...


  • メモリとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンで作業をする際に演算処理を行う心臓部がCPUですが、そこへ提供するデータを展開する場所がメモリと呼ばれるパーツです。 メモリは、ハードディスク内に保存されているソフトウェアや、処理に必要なデータを展開するために使われます。...


  • CPUとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンの心臓部とも言えるパーツが、CPUと呼ばれるものです。 中央処理装置などと呼ばれ、パソコン内部のマザーボードに装着されています。 パソコンで行う全ての作業は、このCPUによって演算され、その処理結果を私たち利用者が受...


  • OSとは?初心者にもわかる優しい解説

    OSとは、パソコンを動かすために最低限必要な基本ソフトウェアのことを言います。 パソコンを使うことで様々な作業をこなすことができますが、OSが入っていない場合にはそれができません。 BTOパソコンの場合にはOSが...