• BTOパソコン比較.net

メモリとは?初心者にもわかる優しい解説


パソコンで作業をする際に演算処理を行う心臓部がCPUですが、そこへ提供するデータを展開する場所がメモリと呼ばれるパーツです。

メモリは、ハードディスク内に保存されているソフトウェアや、処理に必要なデータを展開するために使われます。

メモリの容量が少ないとデータを毎回ハードディスクから読み込まないといけないため、転送に時間がかかり全体の処理が遅くなってしまいます。

CPUはいいものを積んでいるが重く感じるといった場合には、メモリを増設すると良いでしょう。


メモリはパーツとしての価格が割安で、なおかつ交換しやすい場所でもあります。

そのため初めてパソコンのカスタマイズを行うのであれば、メモリから手を付けることをおすすめします。

CPUの交換は非常に難しいのですが、メモリであればデスクトップPCでもノートPCでも容易です。


メモリを増設する際に気をつけておきたいのが、サイズや規格による違いです。

例えばデスクトップPC用のメモリとノートPC用のそれでは、サイズが全く異なります。

同じデスクトップPC用のメモリでも、マザーボードによって対応する製品が異なるので、事前に規格を確認しておきましょう。


また使っているOSによっても、増設できるメモリの容量が制限されています。

Windowsの32ビットOSの場合、4GBまでのメモリしか認識してくれません。

それ以上のメモリを使いたい場合には、64ビットOSをインストールする必要があるので注意が必要です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • グラフィックボードとは?初心者にもわかる優しい解説

    グラフィックボードとは、パソコンの内部に取り付けることでディスプレイに映像を表示してくれる機能を持つパーツのことを言います。 データの処理などは、CPUやメモリを使って行われます。 その処理結果を私たちが目で確認するために必...


  • HDDとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンで使うデータやソフトウェアを保管しておく場所が、HDDです。 ハードディスクドライブと呼ばれるこのパーツは、磁気を帯びさせた回転盤にデータを記録します。 必要な時にHDDからデータが読み込まれ、作業を終えるとまたHD...


  • メモリとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンで作業をする際に演算処理を行う心臓部がCPUですが、そこへ提供するデータを展開する場所がメモリと呼ばれるパーツです。 メモリは、ハードディスク内に保存されているソフトウェアや、処理に必要なデータを展開するために使われます。...


  • CPUとは?初心者にもわかる優しい解説

    パソコンの心臓部とも言えるパーツが、CPUと呼ばれるものです。 中央処理装置などと呼ばれ、パソコン内部のマザーボードに装着されています。 パソコンで行う全ての作業は、このCPUによって演算され、その処理結果を私たち利用者が受...


  • OSとは?初心者にもわかる優しい解説

    OSとは、パソコンを動かすために最低限必要な基本ソフトウェアのことを言います。 パソコンを使うことで様々な作業をこなすことができますが、OSが入っていない場合にはそれができません。 BTOパソコンの場合にはOSが...